スプリンターってどういう馬?

スプリンター 競走馬の気持ち
スプリンター

12月のGIレースにスプリンターズステークスというのがあります
が、 スプリンターとはどんな馬なんですか?

スプリンターとは、1200m~1400mの距離を、もっとも得意としている馬のことで、
短距離戦で持てる力を遺憾なく発揮することができる。
ただし、 このタイプは1600mを越すと、 スピードタイプのためかどうしてもスタミナ
が持たずにほとんどが敗退してしまうようだけど。

体形的には、胴が短くて、 比較的がっしりしていて、 見るからにスピードにものを
いわせるタイプといった感じ。 例えば、 スプリンターズステークスを2連覇したサクラバクシンオーはまさに典型的なスプリンター。

ゲートを出るとサッと前に行ける脚があり、 そのあと鞍上がたとえ抑えていっても、
他馬とのスピードの違いからすぐに先頭におどり出てしまい、そのままハイスピード
で走り続けるタイプの優秀なスプリンターだったといえるね。

しかし、バクシンオーは典型的なスプリンターのために、 やはり1600mになると距離
の壁があるのか最後の直線でそのいい脚も鈍ってしまい、 ゴールのところでは他馬に
差されてしまい勝つことはできなかったんだ。

ところで、 スプリンターのなかには、 まれにマイルや中距離ぐらいまでこなせるタイ
プもいるんだ。最優秀スプリンターに選ばれたことものるヤマニンゼファーは、 短距
離だけではなく安田記念 (1600m)をはじめとし、天皇賞 秋 (2000m) を勝つなど、 スプリンターと呼ばれながらもある程度の距離をこなしていた。

このような距離への融適性は、それぞれの馬の血統や性格、 そして走り方などによっても違ってくるんだよ。

コメント