馬の毛色は何種類あるの?

競走馬の毛色 競走馬の気持ち
競走馬の毛色

オグリキャップやビワハヤヒデは白い馬だけど、ナリタブライアンは
黒いですよね, 馬の毛色は何色あるのでしょうか?

馬の毛色は8種類あるんだ。 主な色としては、鹿毛。黒鹿毛・栗毛 ・芦毛があって、 その他に栃栗毛・青鹿毛・青毛・白毛があるんだよ。

鹿毛は全体が赤褐色で明るいものと暗いものとがあり、 脚の先とたてがみと尾が黒色になっているんだ。 馬の中では、 最も多い毛色のため活躍馬も多く、シンボリルドルフがこれにあたる。

黒鹿毛は鹿毛より黒っぼい赤褐色で、 パドックではツヤがあり見ばえがしちゃうタイプ。 代表馬はというとミスターシービー。
果毛は全体が黄褐色で、 たてがみや尾は茶色から白色で、 特に尾が白いものを尾花果
毛というんだ。 ミホノブルボンは典型的な栗毛馬。

オグリキャップで有名な芦毛は、 全体に白色の毛が混じっていて、年齢が進むにつれ
て白味を増してくるようだ。 しかし、 若駒のときにはグレー色や黒っぽい色をしてい
る馬が多いんだよ。

栃栗毛は全体がチョコレート色をしており、たてがみや尾は黒色から白色のものまで
いる。この種類はあまり多くいないけど、タイテイムがこれにあたるね。

青児もの馬といえばメジロラモーヌが有名だけど、全体が黒色でたてがみや尾も黒
色と、まさに黒光りする馬体をしている。青毛は青鹿毛よりも全体いったところかな。

コメント