騎手の服が馬によって違うのはなぜ?

競馬の仕組み

レースのとき騎手たちが着ている服、よく見ると同じ騎手なのに前の
レースのときと次のレースでは着替えていることがありますよね。 乗る馬によって違うようですが、 これはどうしてなんですか?

騎手たちがレースで着る服のことを勝負服と言う。 この色とりどりの勝負服のデザインは各馬の馬主が決めているんだ。 だから、 馬によって勝負服が違っているとは言っても、 同じ馬主の馬なら同じ勝負服になるというわけなんだ。

ただ、 いくらデザインは馬主が決められるからといっても、 何でもいいというわけにはいかない。 この勝負服の柄と色にはそれぞれ規定があって、 その中から柄は胴体部分と袖の部分で各ひとつずつ、 色は4色まで選ぶことができ、 それらの組み合わせでデザインを決めているんだ。

現在2500種類ほどの勝負服が登録されている。 つまり、 馬主の数だけ勝負服のデザインがあるというわけだ。素材は化繊のシルクサテンと、 びったりと体にフィットして空気抵抗を減少させるエアロフォームがある。
ついでに話すと、 地方競馬では騎手がそれぞれ自分で勝負服を決め
て着ているので、馬によって変わることはないんだ。

コメント