クラスの下がる馬がいるのはなぜ?

競馬の仕組み

春のあいだ確か1500万円下のクラスを走っていたと思ったのに、 夏
を過ぎると500万円下のレースに出走してきた5歳馬を見つけました。どうしてこの馬は2つも下のクラスに出走してきたのですか?

これには年齢によるクラス分けが関係しているんだ。
クラス分けは、7月から12月までは3歳馬を基準に設定されている。 7月から12月までの500万円下のレースには、4歳馬なら収得賞金は500万円以下、 5歳以上の馬はその2倍の1000万円以下の馬たちに出走資格が与えられる。 そして年が明けると
4歳馬たちが基準になる。つまり1月から6月までは5歳馬なら収得賞金500万円以下、 5歳以上の馬は1000万円以下の馬たちが対象となるわけ。

さて、ご質問の馬について検討してみよう。 その馬の収得賞金がたとえば920万円だったとしよう。 とすると6月までその馬は4歳1500万円下のクラスということになる。 ところが7月以降条件が変わり3歳500万円下のレースでも4歳以上なら2倍の1000万円以下が対象となるので出走できるというわけなんだ。 7月になって条件が変わり、 クラスの下がってくる馬というのは、 実力が上のことが多いので馬券的
にも狙い目といえるぞ!

コメント