どうして騎手が乗り替わるの?

騎手乗り替わり 競馬の仕組み
騎手乗り替わり

今までずっと同じ騎手が乗っていたのに、 意に騎手が替わっているときがありますが、 あれはどうしてですか?

騎手が替わることを「乗り替わり」というんだけど、 これにはいろいろな理由が
あるんだ。 まずは、 必勝を期しているときやより上の成績を目指しているときに、
活躍している騎手やペテランの騎手に乗ってもらう場合がある。

これは、 俗にいう 「鞍上強化」 で、 やはり活躍している騎手やベテランの騎手の方
が乗り方も上手なのでレースではプラスとなり、乗り替わったことで成績アップに
つながる可能性も大きいってことから替わるんだ。

次に、お手馬(いつも自分が乗っている馬)がぶつかってしまった場合。
ペテランの騎手や売れっ子の騎手などは、 騎乗依頼も多く、 その分お手馬がたくさん
いるってこと。 だから、 今まで自分が乗っていた馬同士が、同じレースに出走する
こともけっこう多いみたい。

そんなときは、たいてい騎手が自分でどの馬に乗るかを決めるんだよ。
既舎側も早めに今まで乗っていた騎手に騎乗依頼をしたりして、 なんとか騎手の確保
をするみたいだけど。

それでも残念ながら断られた馬たちの方は、 騎手が乗り替わりになってしまうわけ
なんだ。

さて、 あと乗り替わりというと、 ローカル開催に行った場合。 今まで乗ってくれて
いた騎手が必ずしもそこの開催に行っているとは限らないので、その場合はその開催
に行っている騎手に騎乗依頼するために乗り替わりになる。

そして最後に、 特別な例として、 抽選で騎乗馬が決められるようなレースの場合。
例えば、 有馬記念の日に行なわれる 「ジョッキーズグランプリ」 は、 ファン投票で
選ばれた騎手に抽選で騎乗馬が与えられるので、 乗り替わりになるわけである。

コメント